休日は事業所によって異なります

fjuiwht

デイサービスで勤務している看護師の休みや休日というのは、
土・日曜日は休業しているようなところであれば、
看護師も同じように休日となるところがほとんどとなります。

ですが、土曜日であっても働きに出ている要介護者の家族の方のために、
土曜日は営業しているというような場合、
看護師も土曜日に出勤しなくてはならないという事がありますよ。

 

ですので、介護事業所によって様々だということになりますよね。
ただ、そのような事業所であっても、週休2日制となっていますので、
週のうち日曜日を除く一日は、別途休日となります。

そうしなくては、労働基準法に違反してしまいますもんね。

 

この日曜日を除いたもう一日というのは、
管理者と話し合って対応してもらえるというのが一般的となります。

 

ピンチヒッターでその日だけ来てもらうようにしていたり、
2人が交替で出るようにしているなど工夫をしていますので、
そのような点は心配ありません。

 

ただ、日曜日を除いて変則的な勤務となってしまいますので、
身体が慣れないうちは厳しいかもしれません
ですので、そのような点は注意が必要です。

 

 

デイサービスの看護師の休日はどのくらいある?

fmkje

デイサービスで勤務する看護師は、
元気に生活をしている高齢者の方と一緒に過ごす事になります。

個人の趣味に使う時間も充実させなくては、
いい仕事は続けられませんよね。
デイサービスの看護師は、どの程度の休日をとることが出来るのでしょうか。

 

求人に記載されているものを参考にすると、
一ヶ月の休みは、7日程度となることが多いようです。

もちろん、平日・休日というのは関係なく、
一ヶ月まとめての日数です。

 

ですが、病院とは違い病気の方が対象となるわけではありませんので、
急に体調が悪くなる方が少なく、残業は比較的少なくなります

また、有休が取りやすいかどうかについては、
有休取得率を見てみるといいですよ。

 

この数字を知ることが出来るかどうかは別ですが、
もし比較できるならば、この数値によって休暇をとりやすいのかどうか
という事が分かりますよね。

地域や施設の規模によって方針は異なるのですが、
休日は一般企業よりも少なくなります。

 

ですが、その分、給料が高く貰える
というように考えてみてはいかがでしょうか。

勤務時間もある程度固定されていますので、
病院のように忙しくて仕方が無いというようなシフトには
なりづらいと言えます。

 

 

介護施設の夜勤は大変?

nfiuhet

介護施設でも夜勤の仕事は大変です。
やはり利用者様の急変などがあれば、大変ですよね。

病院とは異なり、介護施設の種類によっては、
利用者様が自由に飲食が出来るということになっています。

 

夜間に口寂しくなり、飴をなめているという事もよくある話なんです。
そのため、夜間に飴などを誤飲することで
亡くなってしまうという利用者様もおられるんですよ。

また、夜間に徘徊して転んでしまい、
怪我をしてしまうという利用者様もおられます。

 

最悪の場合には、階段から落ちてしまうなんてことも・・・
夜勤で大変な仕事といえば、
このような急変対応ということになります。

実際に介護施設で夜勤を経験した看護師の感想を見てみましょう。
介護施設での夜勤は思ったよりも大変だったそうです。

 

その理由として、介護施設に配置されている看護師の数が少ないうえに、
夜勤ではさらに少ない人数となってしまうという事です。

その看護師が勤務していた施設では、
看護師が1人と介護士が5人という配置だったそうです。
この人数で、100人近い利用者様をみていくんですね。

 

何も無いときには、静かだと感じるのですが、
少しのトラブルや急変となってしまった場合には、大忙しとなります。

看護師が居るため、急変対応は看護師にお願いしたい
という介護士もいますので、そのような場合には一人で対応することもあります。
そのような心構えはしっかりとしておくことが大切になります。

 

 

介護施設なのに看護師も夜勤がある?!

jhugft

居住型の介護施設では、看護師に夜勤があることがあります。
介護施設では看護師は夜勤無しというイメージがあるかもしれません。

確かに、介護施設では、業務として看護師が夜勤を行う必要はありません。
ですが、手厚い介護を行っている介護施設では、
看護師も夜勤を行うことがあるんですよ。

 

利用者様の事を考えてみると、
夜間に看護師が居たほうがいいと感じますよね。

介護士の中には、夜間に看護師や医師が居ないという状態を
とても怖いと感じる人も居ます。

看護師が夜勤をしてくれると安心できると感じている人もいるんですよ。

 

そのため、最近では介護施設でも、
夜勤専従の看護師の募集が行われていることがあります。

介護施設での夜勤は、基本的に病棟の夜勤と似ているんです。
加療が必要な方は入所されていませんので、
病棟のように常に利用者様の様子をチェックする必要はありません。

 

オムツ交換などの利用者様の介護は、介護士が行う事になります。
ですので、看護師は万が一のために控えていることが多いんですね。

ただ、施設によっては介護士の手伝いをすることもありますよ。
仮眠をとることも出来ますので、病棟での夜勤と比べると、
楽だと感じる看護師もいるかもしれません。

 

 

介護施設のボーナス 1ヶ月分~5か月分?!

mnhyu

頑張って働いて良かったと感じる場面は、人それぞれですよね。
ボーナスを貰う際には、多くの人がそう感じるのではないでしょうか。

このボーナスは、同じ看護師でも職場によって異なってきますよね。
大規模な病院と小さなクリニックなどを比べてみると、
ボーナスの差はかなり大きなものがあります。

 

厚生労働省が毎年行っている統計では、
平成24年の看護師のボーナス総額は約80万円程度となっています。
130職種820万円の平均ボーナスは約55万円です。

ということは、看護師のボーナスは20万円以上も高いということですよね。

 

デイサービスで働く看護師の平均ボーナスは、50万円程度となっており、
看護師全体の平均ボーナスよりは低くなります。

ですが、有料老人ホームなどの中では、
約90万円程度のボーナスがある職場もあるんですよ!

 

介護施設で働く事になると、病院と比べて基本給が低くなりがちなんです。
ですので、支給率が低いと職場によって大きな差が出てしまうんですね。

夏と冬の両方が給料の1か月分というところもありますよ。
ボーナスの支給がないところや、
ほんの気持ち程度というところもあるんです。

 

その一方で、5ヶ月分ものボーナスが支給される施設もありますよ。
「介護施設だから、ボーナスはこのくらいだろう」と、
ひとまとめにして考えるのは避けたいところです。

気になるところについては、じっくりと調べてみてくださいね。

 

 

介護施設の看護師の給料ってどのくらい?

fmwiuet

「介護施設ってどのくらいの給料がもらえるんだろう」
というのは、転職を考えていない場合でも気になると思います。

介護施設での看護師の平均的な給料は、
病院と同じように経験年数によって差は出るのですが、
年収が約400万円前後となることが一般的だといわれています。

 

病院勤務の看護師の収入と比べるとそれほど少なくない
という評価もありますし、
20%くらい低くなってしまうという声もありますよ。

例えば、常勤の看護師で、月給30万円(基本給26万円と手当)の
ボーナス52万円(2ヶ月分)となる場合には、
年収にすると410万円程度となりますよね。

 

看護師の平均が450万円前後となっていますので、多少低めとも言えます。
ですが、施設によっては高収入となることもありますよ。

夜勤無しの場合でも、
年収500万円をこえるということもあるようです。

 

給料に関しては、施設によってかなり違いがあるという事なんですね。
介護施設の看護師は、基本的に夜勤や残業が無いために、
病院のように手当がつかないんです。

ですので、病院勤務よりも給料が安くなってしまうんですね。

 

有料老人ホームの月給の平均は高めで、
看護師の平均を超えるという話も耳にします。

このように、医療施設よりも高めに設定されているという
介護施設もあるんですよ。

 

高齢者の方の介護や看護に関心がある
という看護師が転職するのも納得ですよね。

 

 

デイサービスで働くのってどんな感じ?

nfuiwhet

実際にデイサービスに配置されている看護師は、
1施設に1人という状態が多いんです。

つまり、利用者様のバイタルチェックなどの仕事を、
一人でテキパキとこなさなくてはならないんですね。

 

通所してこられる時間帯のバイタルチェックは、
効率よく行っていかなくてはなりません。

利用者様によっては待つ事が苦痛な人もいます。

 

そのような方であれば、待つ事で怒り出し、
血圧が急に上がってしまうということもありますので、
注意しなくてはなりません。

 

レクリエーションを楽しみに通所してきたのに、
バイタルチェックの段階で、レクリエーションへの参加が難しい
というように判断されてしまうことで、

落ち込んでしまったり、怒ってしまう利用者様もおられます

 

利用者様の様子を見つつ、どうすることがベストなのか
という判断に迷う事が多いのが、
デイサービスの看護師の特徴でもあります。

実際にデイサービスで働いている看護師は、
どのように感じているのでしょうか。

 

実は、実際には体力勝負だと感じている看護師が多いんですよ。

医療行為自体がとても少なく、デイサービスでも人手が足りていないために、
介護士の手伝いなども行う事になります

 

利用者様の中には、好んでデイサービスを利用している
というわけでは無い方もおられますので、
中にはデイサービスが嫌いな方もおられるんですね。

そのような方のバイタルチェックをすることが
大変だと感じている看護師も多く居ます。

 

 

デイサービスの看護師の役割とは

bvftyu

最近では、看護師が活躍する場は
医療現場だけではなくなってきましたよね。
さまざまな分野で働くようになっています。

その一つとして、介護現場が挙げられます。
最近ではデイサービスで働く看護師も多くなっていますよ。

 

そのデイサービスの看護師は、どのような仕事を行うのでしょうか。
デイサービスでは、利用者様が通所し、
レクリエーションを行ったり入浴したりするところです。

レクリエーションを楽しんだり、入浴をするというような行為が、
利用者様の負担となっては大変ですよね。

 

看護師は、そのような事がないように
健康管理を行っていくのが仕事なんです。

つまり、利用者様の健康状態を確認する事
が仕事ということになりますよね。

 

健康管理と言っても、
具体的にどのようなことを行っていくのかは気になると思います。

まず、利用者様が通所してこられたら、バイタルチェックを行います。
昼食時に服用する薬などがあれば、
それを確認していくことも看護師の仕事なんですね。

 

利用者様がレクリエーションや入浴を行うことが可能なのかを
チェックしていくことも大切な役割なんです。

利用者様が施設内で活動している際に、
突然具合が悪くなってしまうこともあります。

 

このような場合、看護師が応急処置を行ったり、
病院への受診に同行するということも仕事の一つなんですよ。

 

 

デイサービス看護師への転職チェックポイントはココ!

デイサービスのナース求人が増えています

eryrury
高齢化社会を受けて、高齢者向けの介護に関するサービスが
これから大きな伸びを見せていくことが予想されています。

もちろん直接介護をする人材も必要なのですが、
高齢者は健康上の課題を抱えていることも多いので、
医療知識を持った専門職の関与が
必要な場面というものも多いのです。

 

そのため、デイサービスなどでも
ナースの設置が必要とされてきています。

こういった募集が増えていく分野は、
転職先として魅力が大きいものです。

 

特に看護師として病院で働くと夜勤などが避けられず、
家庭との両立が難しいということもあるのですが、

昼間の活動が主体のデイサービスでは
そういった夜勤などはないので、
一度家庭の事情でキャリアをあきらめた人でも
再び活躍しやすい場所でもあるのです。

 
 
 

看護師以外の知識も必要

しかし、介護にかかわるということで、
単なる看護師として以上のかかわりや
知識が求められます。

高齢者のかかりやすい病気や
その対処法などを
改めて勉強しなおす必要もあるでしょう。

 

専門職として、もしもの時の対応を
適切に行うことが求められるからです。

また、常に人手不足の場所でもありますから、
介助やレクリエーションなどにも積極的にかかわり、
場を盛り上げていくという意識も必要になります。

 
 
 

医療行為よりもコミュニケーション

jeuhgei
デイサービスのナース募集で
看護師が転職を図る場合、
医療機関とは目的を異にする施設であることから

仕事内容が違い、その為
求人情報を見る際にも
幾つかみるべきポイントがあります。

 

そこで、まず1つ目としては、
デイサービスはリハビリテーションや
社会的交流などを目的とした施設
です。

看護師に求められることは
医療行為の技量よりも健康管理や利用者との
コミュニケーションなどが中心
となります。

 

1人の看護師で
10人以上の利用者を看ることになります。

 
 
 

施設の大きさやサービス時間

そして、施設の規模にも
10人以下の小規模から一般的な11人以上の規模、
25人以上の大規模があります。

規模が小さい程1人制が多く採用されている一方で、
大きくなる程常勤や非常勤を交えて
複数人体制が取られています。

 

但しどちらの負担が少ないかについては
一概ではないことから、見るべきポイントは
利用者数と看護師数の割合にあります。

次に2つ目には施設のサービス時間がポイントとなり、
これには1日と半日とのタイプがあります。

 

1日では入浴や食事の時間等もあるため
看るべき場面が多くまた利用者の介護程度が
高い傾向にあります。

一方半日では午前と午後に分けて
入れ替えがある為看るべき利用者数が多くなりますが
介護程度が低い方が多数を占めている
という特徴があります。